ヘロド賞 | シャンティイ競馬場 | フランス | 2013年10月7日の競馬日記 | 東京競馬場どっとこむ

東京競馬場どっとこむ


2013年9月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

2013年10月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       

2013年11月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

2013年10月7日(月)の競馬日記

ヘロド賞

シャンティイ競馬場〔フランス〕


シャンティイ競馬場へ

昨日はロンシャン競馬場で凱旋門賞を観戦。

日本馬2頭は残念な結果に終わったが、気を取り直して今日もフランス競馬を満喫。

今日はパリ郊外のシャンティイ競馬場へ行ってみる。

ちなみにシャンティイ競馬場を訪れるのは自身初めて。
 

シャンティイ競馬場への行き方

ここで、シャンティイ競馬場への行き方を紹介。

パリ中心部からフランス国鉄SNCFRERで行きます。

SNCFの場合はパリ北(Gare du Nord)駅から。
RERの場合、シャトレレアルChaelet Les Halles)駅からD線に乗ります。
シャンティイグニューChantilly Gouvieux)駅で下車。

SNCFだと快速で20分くらい。

RERだと各停で50分くらいです。
駅を出たらそのまままっすぐ進みます。
すぐに道路は突き当たります。

正面には見えるのが競馬場を囲っている森です。

ここの横断歩道を渡り、右へ進みます。
右へ少し進み、左を見ると芝コースが見えます。

これが1コーナー奥、芝2400mの発走地点にあたります。
その先で小さなロータリーに出るので、ここの横断歩道を渡ってから左へ進みます。

ここには競馬場(Hippodrome)まで1kmの案内板もあります。
その先はこんな道。

ここをひたすらまっすぐです。
やがて、ロータリーに出るので、ロータリーの左側をぐるっとまわって、さらにまっすぐを進みます。

ちなみに、ここにも案内板(競馬場まで400m、駅まで800m)があります。
ちなみにこのロータリーの真横に芝コースが見えるのですが、ちょうどここが一直線コースのゴール板になります。
さらに進めば、シャンティイ競馬場の入場門に到着です!

参考までにルートマップをご確認下さい。

入場料は1人3ユーロ(約400円)。
 

シャンティイ競馬場の雰囲気

シャンティイ競馬場はフランスダービーなども行われる大きな競馬場。

また、ロンシャン競馬場が来年の凱旋門賞後から建て替え工事を行うため、2015年の凱旋門賞はシャンティイ競馬場で行われる予定になってます。

そんなシャンティイ競馬場の場内の雰囲気を少々ご紹介。
 

シャンティイ城

3コーナー奥にはシャンティイ城が見えます。

シャンティイに来る観光客は、そのほとんどがシャンティイ城目当てだそうです。

自分は競馬が忙しいので、シャンティイ城はここから見るのみ。
 

馬の博物館

さらに向こう正面には有名な馬の博物館も見えます。

もともとはシャンティイ城の厩舎だったそうで、現在は博物館として公開されているそうです。

ここはちょっと行ってみたかったが、時間がなかったため、次回以降へ持ち越し。
 

競馬場は日本人だらけ…

今日は一般戦ばかりで特に大きなレースもない。
しかも平日の昼間開催だし、ガラガラだろうなぁと思っていた。

確かにお客さんは少なかったが、圧倒的に日本人率が高い!

恐らく、凱旋門賞を見にパリへ来て、ついでの他の競馬場も見に行ってみようということか?

さらにさらに杉本清さんまで来ていた!

他に吉田照哉さんもいたし。

考えていることは皆同じか。
 

シャンティイ競馬場のホットドッグ

さて、せっかく来たので競馬場グルメでも食べようかと思いきや、スタンド1階にカウンター形式の売店があるのみ。
しかも、サンドイッチとホットドッグしか売ってない感じ。

仕方なくホットドッグを注文。4.10ユーロ(約550円)。

味は普通だけど、パンは当然バゲット。
 

フランス競馬を楽しむ!

今日の競馬は9レース。

1Rの発走時刻は12:30、9Rの発走時刻は16:40。

一般戦ばかりでどれがメインレースはわからないが、この日、1番賞金が高いレースは2Rのヘロド賞PRIX HEROD)。

勝ったのは La Hoguette という馬。