東京競馬場どっとこむ


2017年10月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2017年11月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       

2017年12月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       

2017年11月26日(日)の競馬日記

第37回 ジャパンカップ

東京競馬場


ジャパンカップ

ポスター(ジャパンカップ)2017年東京開催も遂に最終日を迎えました。

最終日はもちろんGⅠジャパンカップです。

場内はロンジンブルーで染まっています!
ジャパンカップポスター(ジャパンカップ)ポスター(ジャパンカップ)
ジャパンカップジャパンカップ
ジャパンカップジャパンカップ
ゴール板(ジャパンカップ)ジャパンカップ
ジャパンカップ優勝賞品
 

ジャパンカップ記念入場券

ジャパンカップレーシングプログラム記念入場券

デザインはどちらも昨年の優勝馬キタサンブラック

また、ジャパンオータムインターナショナルのキャンペーンとして、今年も記念入場券にはスクラッチくじが付いていましたが、自分は残念ながらハズレ。
レーシングプログラム
ジャパンカップ記念入場券
 

東京競馬場グルメ:そばとかやくご飯定食&炭火焼鳥〔とん勝武蔵〕

そばとかやくご飯定食&炭火焼鳥(とん勝武蔵)とりあえずフジビュースタンド5Fとん勝武蔵で朝メシ。

11時までの朝限定メニュー「そばとかやくご飯定食」と、単品で「炭火焼鳥」を注文。

ここでそばを食べるのは初めてだけど、なにこれ、めちゃめちゃおいしい!

焼鳥も香ばしいし大満足!

なんでこの店、何食べてもおいしいんだろう。
とん勝武蔵

東京競馬場グルメインフォメーション

お店:
とん勝武蔵
場所:
フジビュースタンド(センター)5F
レストランプラザ
詳細:
グルメガイド参照
注文:
そばとかやくご飯定食
炭火焼鳥
値段:
500円/480円
 

東京競馬場メガグルメフェスティバル

メガグルメフェスティバル東京競馬場メガグルメフェスティバルも最終日。

昨日に引き続き「ワールドグルメフェス」が行われています。

GⅠ開催日ということもあり、多くのお客さんで賑わっていました!
 

秋のバンド生演奏

Mat TwiceGⅠ開催日ということで、メガグルメフェスティバル会場の一角にて「秋のバンド生演奏」と題したイベントも行われていました。

本日出演していたのは「Mat Twice」というバンドでした。
 

八代亜紀絵画展~馬に恋する秋~

八代亜紀絵画展~馬に恋する秋~その後、少々時間があったので、競馬博物館で今日まで開催されている「八代亜紀絵画展~馬に恋する秋~」を見学。

歌手の八代亜紀さんが描いた絵画が何点か展示されていましたが「馬に恋する秋」という副題が付いているにも関わらず、馬の絵は2点しかなかった…
 

今年の外国招待馬は4頭

パドック(ジャパンカップ)ジャパンカップパドック

今年の外国招待馬は愛独豪から計4頭。

愛国:アイダホIdaho)牡4
 └2017年キングジョージⅥ世&QES(英G1)3着、2016年愛ダービー(愛G1)2着、2016年英ダービー(英G1)3着
独国:イキートスIquitos)牡5
 └2017年ダルマイヤー大賞(独G1)優勝、2017年バイエルン大賞(独G1)2着、2016年バーデン大賞(独G1)優勝
独国:ギニョールGuignol)牡5
 └2017年バイエルン大賞(独G1)優勝、2017年バーデン大賞(独G1)優勝、2016年バイエルン大賞(独G1)優勝
豪州:ブームタイムBoom Time)牡6
 └2017年コーフィールドカップ(豪G1)優勝

超大物と呼ばれるような馬の来日は今年もありませんでしたが、コーフィールドカップ優勝馬が来てくれたことは嬉しい限り!
 

ジャパンカップ本馬場入場

誘導馬ジャパンカップの本馬場入場。

先導したのはレンディルストラディヴァリオユーワビスケットシュガーヒルシルバーフォンテンの5頭の誘導馬

今年最後の大仕事です!
 

ジャパンCはシュヴァルグランがGⅠ初制覇!

ジャパンカップ出馬表
シュヴァルグラン(ジャパンカップ)
そして迎えたGⅠジャパンカップ。芝2400m。

1番人気はGⅠ6勝キタサンブラック、2番人気は今年のダービー馬レイデオロ、3番人気は宝塚記念馬サトノクラウン

レースはキタサンブラックが逃げる展開。
直線に向いても脚色は衰えず、このまま逃げ切るかと思ったところ、好位の内で脚を貯めていた5番人気シュヴァルグランが差し切って優勝。
2着は外から伸びたレイデオロで、キタサンブラックは3着。
4着マカヒキとは4馬身の差がついたので、上位3頭の力が抜けていたという感じ。

シュヴァルグランはハーツクライ産駒の牡5でGⅠは初制覇。
ヴィルシーナヴィブロスに続き、ハルーワスウィート産駒のGⅠ馬は3頭目。

鞍上はH.ボウマン騎手。

また、外国馬はアイダホが5着、ギニョールが9着、ブームタイムが12着、イキートスが15着という結果でした。
 

ジャパンカップ表彰式

ジャパンカップ表彰式
シュヴァルグラン(ジャパンカップ)
その後、本馬場での表彰式

勝ったシュヴァルグランの馬主は、ご存じ大魔神・佐々木主浩氏。

また、鞍上のH.ボウマン騎手は、この勝利で2017年のロンジンワールドベストジョッキーのタイトル獲得も確定させました。
 

2017年東京競馬全GIレース回顧スペシャルトークショー

2017年東京競馬全GIレース回顧スペシャルトークショー最終レース終了後、ウィナーズサークルにて「2017年東京競馬全GIレース回顧スペシャルトークショー」と題したトークショーが行われました。

けど、日が落ちるとめちゃくちゃ寒い!
 

2017年の東京開催が閉幕

東京競馬場以上で今年の東京開催は全て終了となりました。

秋開催は毎週土砂降りの雨に泣かされましたが、降雪や台風による中止もなく、無事に予定通り開催をこなせたのは何より。

次回、東京競馬場にサラブレッドたちが返ってくるのは、1/27(土)です!