東京競馬場どっとこむ


2014年1月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

2014年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       

2014年3月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

2014年2月24日(月)の競馬日記

第48回 共同通信杯

ウインズ汐留/東京競馬場


ウインズ汐留

本来、1回東京開催は昨日フェブラリーSで終わりですが、今日は2/16(日)の代替競馬が実施されています。

朝、新橋方面に用事があったため、ウインズ汐留に立ち寄ってみる。

ちなみにウインズ汐留を訪れるのは、新規オープン初日の2002年7月13日以来、約12年ぶり!!

山手線の車窓からはいつも見ているのだけど。

この日は平日開催ということで、4階フロアしか開放されていませんでした。

馬券を買いつつ、朝メシで「焼きそば」400円をいただく。

ちなみに2階には「PRONTOウインズ汐留店」が出店しており、ウインズ汐留のホームページにはクーポンも用意されてます。
 

東京競馬場グルメ:ハヤシライス〔マツヤサロン〕

その後、午前中のうちに東京競馬場へ。

で、フジビュースタンド5Fレストランプラザにあるマツヤサロンでメシ。

ハヤシライス」を注文。

ハヤシライス自体、自分はあんまり好きではないのだが、まずまずおいしい。
マツヤサロン

東京競馬場グルメインフォメーション

お店:
マツヤサロン
場所:
フジビュースタンド(センター)5F
レストランプラザ
詳細:
グルメガイド参照
注文:
ハヤシライス
値段:
900円
 

東京競馬場グルメ:うなぎかさね重〔鳥駒〕

さらに午後、同じくレストランプラザにある鳥駒へ。

4/1から消費税が8%に増税されることから、増税前にレストランプラザで食事ができるのは今日が最後。
ということで、思い切って「うなぎかさね重」を注文。

ここの「うなぎかさね重」は、7年前のグランドオープン当時は1450円。その後、1600円、1900円と徐々に値上がっており、もうこれ以上値上がったら食うのは無理!という感じなので。

ウナギの蒲焼と白飯が別々の重箱で提供され、それにサラダ、お吸い物などが付く。
ちなみに普通のうな重は1700円なので、200円の差は何?といつも思っていた。
サラダが付くのと、ご飯と蒲焼が別々というだけの差で200円?
しかも、店の前にはいつも「サービス品:うなぎかさね重」と掲示されており、何をもってサービス品なのかが疑問。

ただ、ウナギはやわらかく、味の方は非常においしい!
けど、やっぱ高すぎだなぁ。
鳥駒

東京競馬場グルメインフォメーション

お店:
鳥駒(とりこま)
場所:
フジビュースタンド(センター)5F
レストランプラザ
詳細:
グルメガイド参照
注文:
うなぎかさね重
値段:
1,900円
 

共同通信杯はイスラボニータが人気に応える!

今日のメインはGⅢ共同通信杯。芝1800m。

昨秋の東京スポーツ杯2歳S以来となるイスラボニータが1番人気に推され、危なげなく完勝。

同馬は新馬いちょうS東スポ杯2歳Sに続き4勝目。